奨学金

返済の際の注意点

奨学財団から奨学金を借り入れる場合は様々な注意が必要です。実際にいくら必要なのか、また、奨学財団によって貸し付ける金額もことなってくるので、奨学金を考えているのであれば経済状況を再度見直して理解することが大切です。

しっかりと返済計画を

奨学財団から毎月の奨学金を借り入れ、いざ卒業したときに返済が滞ることのないように返済計画が必要です。卒業した後にはすぐに返済がスタートするので、就職が厳しい状態であれば財団によっては返済の延長ができるところもあります。

海外進学でも可能

日本の大学だけではなく、海外に進学する場合でも奨学金の借り入れは可能です。特に海外の場合であれば生活費や寮費など多くのお金が必要となるので、奨学財団によっては様々なプランを用意していることも少なくありません。

奨学財団について

現在多くの私立の高校や大学が誕生していく中、進学が金銭的に厳しい学生などを対象として多くの奨学財団が存在します。
しかし、奨学財団も多くなってきているため、自分自身にしっかり合った財団を選ぶことが必要です。
基本的に奨学金制度というものは、経済的に就学が困難な場合を対象として貸付をおこなうことがほとんどですが、中では優れた学生に対して給付という形で行なう制度もあります。
奨学金の手続きは学校を通して行なわれる場合が多くあります。奨学財団によって手続きの方法が大きく異なりますので、しっかりと確認する必要があります。
財団から奨学金を借りる際には、保護者ではなく本人が借り入れて返済まで行なうということを理解しなければいけません。
また、進学する私立学校でも奨学金制度を取り入れていることもあります。

現在多くの学生が奨学金制度を利用していますが、それに伴って年々詐欺被害も多く起こっています。
本人が借り入れた奨学財団を装って、電話で返還金を振り込ませようとする手口や、職員を装って直接職場まで来て現金をだまし取る被害も発生しています。
正しい奨学財団では基本的にその財団で奨学金返済も行なうので再建回収会社などから直接本人に連絡、回収することはありません。
また、勤務先まで訪問して直接現金を催促することも基本的に行なっていないので、返済の際は注意が必要です。

基本的にどの財団も返済の際に利息を設けていますが、返済利息には「固定型」と「変動型」の2種類があります。
返済は基本的に大学や専門学校を卒業してからすぐに開始されます。その数年先の利息の形を借りる際に選ぶ必要があります。
数年後の利率を借りる時に予測することは難しいので、返済前に利息の方式を変更することも可能になっています。
奨学財団によっては、ホームページ上で最新の利率をアップしているところもあるので、自分自身で調べると良いです。

オススメリンク

  • ニチデン

    不動産の担保を奈良で手続きしたいと感じているならこちらからとなっています。興味があるならサイトを確かめておくようにしましょう。
  • 名古屋の不動産担保ローン会社の情報がこちらに満載。迅速に融資してくれる所が紹介されてますよ。ノンバンク系なのも嬉しいですね。

ピックアップ